FC2ブログ

スライドドアグリスアップ&バックカメラ取付不備調査

 我が家のバモス。
最近、運転席の後ろのスライドドアが重く、ドアを開けようとすると半分位で止まってしまいます。
全開にしようとすると結構な力が必要です。
ネットで調べると。定期的にグリスアップしないと動きが鈍くなるようです。
そこでスライドドアの可動部分にグリスを塗って様子を見てみます。
さらに前回までに電源、アース、映像用コードを配線しても何も映らないバックカメラ。
どこかにある不備を見つけて対応しなければいけません。
考えて一番怪しいと思ったのは、電源です。
バックギアに入れた時に通電する箇所で分岐した直後は確認しましたが、
コードが足りず、延長しているのでそこら辺が怪しいと思っています。
そこを確認してみましょう。
バック時電源分岐、コード、延長カプラ。延長カプラ、バックカメラの電源コードとなっているので、
最初の延長カプラまで通電しているのか確認します。
 
簡単に終わりそうなグリスアップから作業します。
運転席のドアもグリスアップしないときしみ音がしてくるので折角なので一緒に塗っておきます。
 

前ドアはここ。
赤丸あたりに塗っておくとスムーズに開閉できます。
助手席側も同様にグリスアップ。これで、前ドアは完了。


続いて後部座席のスライドドア。
どこに塗ってよいのかわかりませんが、可動しそうな箇所に塗っておきます。
スライドドアの上部。赤丸部分の箇所。


スライドドアを少し開けた状態で後ろから見える箇所。


スライドドア下部。赤丸部分の箇所。
この3箇所にグリスを塗って何度か動かしていると、すごくスムーズに開閉できるようになりました!

定期的にグリスアップする必要がありますね。
早々にグリスアップは終わらせ。バックカメラの不具合箇所の特定に入ります。
一番怪しそうな、電源を延長している箇所を確認。
あれっ!通電してる...
ここで通電していなくて、延長コード接続箇所を直せば映るんじゃないかと思っていたので、どうしましょう?
電源は正しく配線されているようです。アースも他のアースを留めているところにつけているので大丈夫じゃないかと思います。
そうなると、カメラが壊れているか映像用コードからの出力が正しく配線されていないかではないか?
う~ん。今日は撤退。
対策を考えることにして日を改めます。
家に帰るも、どうしたら良いのか.....
取り付け前にカメラの動作確認時は大丈夫だったので、どこかの配線ミスだろう。
アースは他のアースらしきコードが留まっている箇所に一緒に付けたのでたぶん大丈夫か?
電源はコードが足りなく延長しているけど、延長したところまで通電していたので大丈夫か?
アース、電源に問題がなければ、映像出力のコードか?
アースも他の線と一緒にしているだけなので、通電テストしたところに変えてみてもう一度テストしてみるか。
よし、次回は
①映像出力をビデオカメラに接続して確認。
②電源延長箇所、再確認。
③アースを変更してテスト。
をやろう。
 
↓↓↓よろしければホームページもご覧下さい。


 私のおすすめオークション:

スポンサーサイト



バックカメラ取付(配線引込み続き)

今回は映像用コードを車内に引き込み、赤コードをバック時電源に繋げて、配線もナビに接続しようと思います。
そうそう、ピンコードからRCAタイプの変換ですが、よく見たらバックカメラの付属品にありました。
これで、あとは接続するば動いてくれるはずです。まず、映像用コードを引き込みます。

ネットで調べた所、後方右側面下側の内張りを外すと引き込めそうです。
とりあえず、見えるネジを外しました。次に、名前がわかりませんがプラスチックで留めてある箇所をバキバキと外してこの状態。
 

針金を先に通して針金にコードを絡み付けて引き込んでいきました。
 

写真ではわかりづらいですが、映像用コードは車内に通ったので、今度は電源を接続します。
電源用の赤コードはリアゲートから車体に繋がるじゃばら部分までの長さしかなく足りないので延長します。
 

延長するコードをじゃばらに通すべく、また針金の登場です。
 

針金をなんとか通して下から出します。
 

針金に結び付けて、引っ張ると、
 

通りました。
 

カプラを使用して延長しました。カプラ部分はリアゲートの中に押し込みました。
 

映像用コード同様にこの穴から赤コードも車内に引き込みます。
 

内張り全部外せば楽に出来そうでしたが、外れなかったので隙間に手を突っ込んで何とか接続しました。
 

ネットで調べておきました。バックランプは後方右側上側内張り内にある緑黒のコードです。
 

電源接続完了&映像コードもナビまで、接続したので内張りを戻しました。
 
さて、緊張の一瞬です。エンジンを掛けて、バックに入れます。
?、?、?。No~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!
何も映りませ~~~~~ん。
落ち着け俺。落ち着け俺。どこが悪いのか考えて1箇所づつ確認していきましょう。
とりあえず、今日できることで確認できるのは、バック時の電源が正しく取れているのか確認します。
緑黒のコードから分岐した箇所で、通電すると光る工具で試したところ、通電を確認できました。
とりあえず、バック時の電源はOK。
次に映像用コードの配線が外れていないか確認。せっかく隠したコードをまた出して確認するも特に問題なし。
次にアースを接続している箇所を確認。リアゲートに固定しているボルトに挟んでいましたが、
念のため、他のアースらしき箇所と一緒のところに割り込ませました。が、何も映りません。
駄目だ.....
あとは電源を延長した箇所か、カメラが壊れているかだ。
前にテストした時に映ったことを考えると、電源が正しく取れていない可能性が一番高いか?
カメラを換えるとなると、またコードを配線するのは面倒くさいし嫌だな~
電源、電源であってくれ~~~~~~~~~
と中途半端な状態で今日は終了。しかも次の土曜日は子供の運動会。作業できないな。


 私のおすすめオークション:

バックカメラ取付(配線引込)

GWのことです。
映像用コードの変換が必要ですが、変換するものが見つからないし、せっかく配線引込み用の穴をあけたので、
今回はカメラ部分を設置して配線を引き込んでいきたいと思います。開始時間11時、お昼ご飯までの作業です。


まず、バックカメラを両面テープで貼り付けました。前回あけた穴から配線をリアゲート内側に引き込みます。
穴をあけた地金が出ている箇所にはサビ止め剤を塗って、コードは傷つかないように、スポンジで挟みました。
 
次に、黒いコードはアースということなので、車体の金属に接続。写真を忘れました。
 
次は映像用コードと赤コードをリアゲートから車内に引き込むのですが、ここから大変でした。

写真の赤丸部分、リアゲートの左上にリアゲート上方にいく配線があります。この配線と同じようにリアゲートの中を通します。
文章だと簡単ですが、作業は大変。あらかじめ用意しておいた、100均で購入した針金。
これをリアゲート下方から上まで通します。まず、この針金がなかなか通りませんでした。最初は上から針金を入れて、
下から出そうとしていましたが、途中までは行くけど、3分の2位でその先に行かなくなります。
どうしようかと考えて、反対側、下から上に通るかやってみたところ、何とか針金が通りました。
針金が通ったので、針金にピンコード、赤コードを固定して、針金を引っ張りコードを通していきます。
ここまでで心が折れそうでしたが、中途半端で中断できないので、もう少し頑張ります。
 

 
今度は、リアゲート上方からゴムのじゃばらを通して、車体に引込ます。
じゃばらも針金を使用したのですが、これもリアゲートと同様になかなか通りませんでした。
やっと通った!と思ったら、お昼です。とりあえず、中断できる状態なので、今日はこれまで。
 


リアゲートから車体まで配線が終わったので、部屋においてあった内張りを戻すことが出来ます。部屋も片付いて一石二鳥です。

課題が残りました。赤コードの長さが足りない。リアゲートから車体に行くじゃばらまでしかコードが来ないので、
じゃばらの前でコードの延長が必要です。車体の上方から入れたコードはどこから引き込むのか調べないといけません。
まだまだ、取り付けの道は長そうです。
 

配線は繋がっていませんが、こんな感じで付いています。


 私のおすすめオークション:

バックカメラの映像用コード

調べました。バックカメラから出ている映像用コードは

3.5mmピンコードオス
 

ナビ側にあるのはRCAタイプのメス
 
これを繋ぐ為には、3.5mmピンコードメス→RCAタイプオスの変換コードが必要です。
必要なものがわかったので、いろいろ探したけど売っていません。

ヤフオクでもないかと探したら、希望の変換を行うコードが出品されていました。
この出品者も同じ変換が必要で探したけど、売っていなかったので自作したとありました。
ないんだ。結構探してなかったからもしかしてと思ったけど...
自作なんて面倒だよ。作ったことないけど、大丈夫かな?
現実逃避で放置しちゃうかも...

バックカメラ配線引込用穴あけ

前回は電池切れで中断となったので、引き続き配線引込み用の穴を拡大しました。
電池は前もって購入しておいて、今度は途中で中断にならないよう電池は余分に購入しておきました。
 
前回は8mmまで拡大しましたが、今回は14mmまで拡大します。
電池が新しいとこうまで違うのかと思うほど、グングンと拡大していきます。
時間にして10分程度で作業終了。余分に購入した電池は不要でした。
配線の太い部分も難なく引き込めます。
 

 
穴があいたころから雨が降ってきたので車内でできる作業と思い、バックカメラの動作確認をしました。
黒はアース、赤はとりあえずACCって書いてあるところに繋げ、カメラからの映像用コードをナビの映像用のコードに接続しようとしましたが、
合うコードがありません。後で調べてわかったのですが、ナビ側はRCAのメスで、バックカメラからは3.5mmピンタイプオスです。
どうして良いのかわからず、ナビ側の黄色カプラの真ん中は挿せるようになっていたので、そこにバックカメラからのピンタイプを差し込んでみました。
そこで、エンジンを掛けてギアをバックに入れると、とりあえず、カメラからの画像が映りました。がっ、凄く暗いです。
きっと、ちゃんとした変換コードを使用していないからに違いないと思い。一応、カメラが動作していることは確認できたので今日は作業終了。
次回までに映像コードについて調べます。変換コードとか必要なはず、形が全く違うから絶対そのまま挿して良い訳がない。
いつもそうだけど、もっと調べてから買うようにしないと...
プロフィール

poorducatista

40手前、2児の父。
なんとかバイクを維持しています。
愛車DucatiのMonster400とか
子供のこととか書いていこうか...

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する