FC2ブログ

バックカメラ取付(配線引込み続き)

今回は映像用コードを車内に引き込み、赤コードをバック時電源に繋げて、配線もナビに接続しようと思います。
そうそう、ピンコードからRCAタイプの変換ですが、よく見たらバックカメラの付属品にありました。
これで、あとは接続するば動いてくれるはずです。まず、映像用コードを引き込みます。

ネットで調べた所、後方右側面下側の内張りを外すと引き込めそうです。
とりあえず、見えるネジを外しました。次に、名前がわかりませんがプラスチックで留めてある箇所をバキバキと外してこの状態。
 

針金を先に通して針金にコードを絡み付けて引き込んでいきました。
 

写真ではわかりづらいですが、映像用コードは車内に通ったので、今度は電源を接続します。
電源用の赤コードはリアゲートから車体に繋がるじゃばら部分までの長さしかなく足りないので延長します。
 

延長するコードをじゃばらに通すべく、また針金の登場です。
 

針金をなんとか通して下から出します。
 

針金に結び付けて、引っ張ると、
 

通りました。
 

カプラを使用して延長しました。カプラ部分はリアゲートの中に押し込みました。
 

映像用コード同様にこの穴から赤コードも車内に引き込みます。
 

内張り全部外せば楽に出来そうでしたが、外れなかったので隙間に手を突っ込んで何とか接続しました。
 

ネットで調べておきました。バックランプは後方右側上側内張り内にある緑黒のコードです。
 

電源接続完了&映像コードもナビまで、接続したので内張りを戻しました。
 
さて、緊張の一瞬です。エンジンを掛けて、バックに入れます。
?、?、?。No~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!
何も映りませ~~~~~ん。
落ち着け俺。落ち着け俺。どこが悪いのか考えて1箇所づつ確認していきましょう。
とりあえず、今日できることで確認できるのは、バック時の電源が正しく取れているのか確認します。
緑黒のコードから分岐した箇所で、通電すると光る工具で試したところ、通電を確認できました。
とりあえず、バック時の電源はOK。
次に映像用コードの配線が外れていないか確認。せっかく隠したコードをまた出して確認するも特に問題なし。
次にアースを接続している箇所を確認。リアゲートに固定しているボルトに挟んでいましたが、
念のため、他のアースらしき箇所と一緒のところに割り込ませました。が、何も映りません。
駄目だ.....
あとは電源を延長した箇所か、カメラが壊れているかだ。
前にテストした時に映ったことを考えると、電源が正しく取れていない可能性が一番高いか?
カメラを換えるとなると、またコードを配線するのは面倒くさいし嫌だな~
電源、電源であってくれ~~~~~~~~~
と中途半端な状態で今日は終了。しかも次の土曜日は子供の運動会。作業できないな。


 私のおすすめオークション:

スポンサーサイト



バックカメラ取付(配線引込)

GWのことです。
映像用コードの変換が必要ですが、変換するものが見つからないし、せっかく配線引込み用の穴をあけたので、
今回はカメラ部分を設置して配線を引き込んでいきたいと思います。開始時間11時、お昼ご飯までの作業です。


まず、バックカメラを両面テープで貼り付けました。前回あけた穴から配線をリアゲート内側に引き込みます。
穴をあけた地金が出ている箇所にはサビ止め剤を塗って、コードは傷つかないように、スポンジで挟みました。
 
次に、黒いコードはアースということなので、車体の金属に接続。写真を忘れました。
 
次は映像用コードと赤コードをリアゲートから車内に引き込むのですが、ここから大変でした。

写真の赤丸部分、リアゲートの左上にリアゲート上方にいく配線があります。この配線と同じようにリアゲートの中を通します。
文章だと簡単ですが、作業は大変。あらかじめ用意しておいた、100均で購入した針金。
これをリアゲート下方から上まで通します。まず、この針金がなかなか通りませんでした。最初は上から針金を入れて、
下から出そうとしていましたが、途中までは行くけど、3分の2位でその先に行かなくなります。
どうしようかと考えて、反対側、下から上に通るかやってみたところ、何とか針金が通りました。
針金が通ったので、針金にピンコード、赤コードを固定して、針金を引っ張りコードを通していきます。
ここまでで心が折れそうでしたが、中途半端で中断できないので、もう少し頑張ります。
 

 
今度は、リアゲート上方からゴムのじゃばらを通して、車体に引込ます。
じゃばらも針金を使用したのですが、これもリアゲートと同様になかなか通りませんでした。
やっと通った!と思ったら、お昼です。とりあえず、中断できる状態なので、今日はこれまで。
 


リアゲートから車体まで配線が終わったので、部屋においてあった内張りを戻すことが出来ます。部屋も片付いて一石二鳥です。

課題が残りました。赤コードの長さが足りない。リアゲートから車体に行くじゃばらまでしかコードが来ないので、
じゃばらの前でコードの延長が必要です。車体の上方から入れたコードはどこから引き込むのか調べないといけません。
まだまだ、取り付けの道は長そうです。
 

配線は繋がっていませんが、こんな感じで付いています。


 私のおすすめオークション:

鎌北湖ちょい乗りツーリング

 久しぶりのツーリングです。急遽3日前に決まりました。
仕事関連の知人とツーリングです。
バイクが半年休眠中でしばらくバイクに乗っていなかったので近場が良いということから知人宅から1時間ちょっとの鎌北湖を目指します。
 
 ここで豆知識。鎌北湖は、農業用貯水池として昭和10年に完成した人造湖です。湖の規模は、周囲約2キロメートル、水深20メートル、貯水量30万立方メートルです。
春は桜、夏は緑、秋は紅葉が美しい湖で、奥武蔵自然歩道の入り口にもなっているため、多くのハイカーが訪れています。また、へらぶな釣りを楽しむこともできます。
だそうです。
 
 出発予定時間より早めに起きて、ステップの位置を調整しました。試乗を兼ねてのちょい乗りツーリングです。
暖かくなって来たので、暖気も時間が掛からなくて出発です。
google mapだと知人宅までは国道463号を使って約30分とわかっていたのですが、私が持っているナビだと該当の住所が出てきません。
しかたないので、google mapで場所を確認したあたりにセットして出発です。
朝の7時だったので、道路もあまり混んでいませんでしたが迷いました。おそらく知人宅近所まできたので、
携帯でgoogle mapを確認するとあとちょっとのところまで来ていました。
次の信号で右折して、車のディーラーが出てきたら、また右折の予定で進んで行き、最初の交差点で右折。
信号を右折して加速すると、あ~~~、右折するはずのディーラーがありました。そんなに近いの。
とりあえず、Uターン。再度ディーラーのところまで来て信号を曲がって、今度こそ凄く近くまで来たと思い電話すると少し前道路沿いにいました。
遅くなりました。ごめんなさい。
知人の靴を見ると、あれっ!同じ。シンテーゼの黄色。知人のバイクはXJR1300の黄色。
こんなところで黄色好きに出会うとは思いませんでした。知人は黄色好きかわかりませんが...
ガソリンスタンドで、給油、タイヤの空気圧をチェックして出発です。

スタートから知人について行くので精一杯です。私は運転がへたくそだと伝えていましたが、ひらりひらりと車をかわしてドンドン進んで行きます。
私は恐る恐る、確認しながら進みます。おそらく299号あたりを北上、途中で県道に入ったのですが、もう憶えていません。必死ですから...
そんなこんなで、鎌北湖到着。桜は散っていましたが、道の両脇に桜があり満開の時には桜のトンネルになっていたでしょう。
鎌北湖でまったりとお話して、撮影しました。

 

 

時間がまだあったので、もう少し秩父方面に行きました。またもや道は忘れましたが、適度に曲がる楽しい道です。
しばらく行くと、道の駅(果樹公園あしがくぼ)到着。
天気も良いのでバイクがたくさんいます。ここで食事をしました。
以前も来たことはありますが、知りませんでした。名物、「ずりあげうどん」
茹でたうどんとおわん。おわんに醤油みたいなたれを入れ、しょっぱい時にはうどんが入っている湯で調整して食べるそうです。
シンプルで安くて良いです。

 
まったりとお話をして今日は帰路に付くことにしました。
それにしても、XJR1300早いですね~。信号でのダッシュで差がつきます。
前に車がいないとコーナー数個で遥か先に行ってしまいます。知人は運転上手でバイクも速い。羨ましい。
一度大きいのに乗ってみたいです。へたくそなので宝の持ち腐れになるけど...
ケニーロバーツの黄色に塗装してあるXJRは思いの他カッコよかった。


そうそう、出発前に調整したステップは良い具合になりました。リヤブレーキ、シフトとも違和感なく操作できるようになりました。
結局純正の位置。クツのせいで変わるのですね。しばらくはクツは変わらないので良しとしましょう。
家に到着すると、ちょうど妻と子供達が買い物に行くところでした。
2時間位かかるということなので、チェーンに給油して掃除しておきました。


 
お~綺麗になった!上)掃除前、下)掃除後。でも次に乗るとチェーンオイルがホイールとかに付くんですよね。
次の時は、ホイール掃除しよっ!
走行距離147km。楽しい1日でした。梅雨の前にもう1度位ツーリングに行きたいですね。
 
ホームページ

AELLAステップ位置調整

いつもモンスターに乗るときに履いていたブーツだと、踵をひっかけられて楽だったのですが、
リアブレーキペダルがつま先の足が入ってない位置になっていて、
リアブレーキを使用する時には、踏み替えていました。
それを改善すべく、AELLAの可変ステップを純正より前下になるように装着しました。
リアブレーキはしっかり踏める位置になりましたが、ブーツを履いているとちょうど良いけど、
新しく買ったシンテーゼだと左のシフト側が前過ぎになり、足の甲の中間位にシフトペダルがあります。
標準的にはどこらへんなのかわかりませんが、もっと指の付け根あたりにくると良いと思っています。
シンテーゼで乗る方が多くなると思うので、ステップが少し後ろになるように調整します。


ステップ部分を外し、位置調整する部品を取り除き、ステップを直接取付けます。
これで、純正位置と同じになります。簡単なので、詳細は省略。
 
今回は調整だけなので出費なし。
結果、シフトペダルもリアブレーキも良い具合に使用できるようになりました。
ステップはしばらくこのままです。
結局純正位置なので、可変タイプのステップじゃなくてよかったのか...

 
 
プロフィール

poorducatista

40手前、2児の父。
なんとかバイクを維持しています。
愛車DucatiのMonster400とか
子供のこととか書いていこうか...

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する