FC2ブログ

車検整備2

今日は有給を取ってキャンプに行こうと思っていましたが、
車検までの日数が少ないことに気づいたのでそれどころではありません。
車検の整備を進めましょう。
001前回はリアのブレーキキャリパーの清掃をしました。
ブレーキオイルを入れていなかったのは、
フロントブレーキとクラッチと同じクリアタイプのタンクにしようかなと思っていた為です。
帰宅後、ネットで調べるとリアブレーキ用でクリアタイプのタンクは販売していませんでした。
それなら前回の時に、オイル入れておけば良かった。

それなので、今回はリアブレーキオイルの給油から始めます。
クラッチの様にエアが抜けないことはなくスムーズに作業完了。

002次の点検項目は
■動力伝達装置
・クラッチレバーの遊び。マスターシリンダー交換直後でOK。
・クラッチの作用。こちらもOK。
・スプロケットの取付状態、摩耗。
まだ歯が細くなっていないから大丈夫か。取付状態はガタつきなしでOK。
リアは歯が若干細くなり始めているも大丈夫そう。取付状態はOK。
項目にはないけれど、チェーンも清掃して、給油。

■走行装置
・タイヤの空気圧。自転車の空気入れで追加。
・ホイールナットの緩み。全然緩んでないOK。
・タイヤの亀裂、損傷。なし。OK。
・タイヤの溝の深さ。異常な摩耗。フロント3.1mm、リア2.7mm。異常な摩耗はなしでOK。

004■電気装置
・点火プラグの状態。電極が丸まってないのでOK。予備をいつも持っています。

006■原動機
・エアクリーナ・エレメントの状態。汚れていないので一応払ってOK。

今日はこれくらいにしておくか、だいぶ進めたぞ。
寒いなか頑張ったよ。3月前半の方が暖かったんじゃないか。
スポンサーサイト



車検整備1

4月末には車検なのでそろそろ整備を始めないと行けません。
まずは車検の有効期限を確認しましょう。

4/18。あれ?
後半だと思っていたのに整備を早々にしないといけない。
過去のブログを確認したら3月中旬から整備しているじゃないか。
来週金曜日に有給休暇を取ってキャンプに行こうと思っていたのにそれどころじゃない。

まずは簡単に終わるフルードの液量確認から。
001フロントブレーキ。
MIN近くだったので継足し。
ヤバい足し過ぎたか。MAXギリギリ。超えてる。
まあ、OK。

002クラッチはマスターシリンダーを交換した直後で
MIN、MAXの中間でOK。

003一番気になっていたリアブレーキはMINを下回っていたの継足し。

004リアブレーキのピストンをもみだししようと車体から外そうとしたら、
間違えてキャリパーを分割するボルトを外してしまった。
ああ~
キャリパーは外さないでもみだししようと思っていたのに...
仕方ないキャリパーを外して洗浄しましょう。

005キャリパーを外し、ピストンを歯ブラシでゴシゴシ。
シリコングリスを塗って、動かし、パットの残量測定、残量2.5mmでした。
元に戻しました。
ここまでやるつもりはなかったんだけどな~
折角継足ししたブレーキフルードが無駄になってしまった。
まだオイルは入れていません。
まあ、きちんと整備できたので良しとしましょう。

006リアブレーキを元に戻すのが大変。
赤丸のピンをパッドに通して、
プレートを通して、またパットに通す。
ピンを手でつまんで、パットを持つ。
パッドが落ちないようにプレートを通さなければいけない。
手がもう一本欲しい状況です。
そこをなんとか装着。

あと簡単にできるタイヤの溝を測定。
フロント3.1mm。リア2.7mm。

今日はここまで、次回はリアブレーキオイルを入れて、
フロントブレーキの整備でもしますか。



クラッチマスターシリンダー交換つづき

クラッチマスターシリンダー本体の交換作業は完了していましたが、
チョークを引いた時の異音とエア抜きが残っていました。
今日は天気が良く暖かいので絶好の作業日和です。
残りの作業を進めましょう。

チョークを引いた時の異音は何故か無くなっていました。
少し足れたブレーキオイルが乾いたからなのか?
異音がしないので良しとしましょう。

続いてエア抜き。
ネットで調べたところ、
001赤丸のホースの部分にエアが残るとありました。
そんな馬鹿な、ホースに残る?
と思いつつホースをつまんでみると、ぷく~。
あっ!出てきた。
本当なんだ!
つまんで、レバーをにぎにぎ。
つまんで、レバーをにぎにぎ。
つまんで、レバーをにぎにぎ。
車体を右に傾けて、レバーをにぎにぎ。
つまんで、レバーをにぎにぎ。
車体を右に傾けて、レバーをにぎにぎ。
つまんで、レバーをにぎにぎ。
つまんで、レバーをにぎにぎ。
車体を右に傾けて、レバーをにぎにぎ。
つまんで、レバーをにぎにぎ。
もうにぎにぎのしまくりでにぎり応えが増していきました。

最後にレリーズ側でもエア抜きして完了です。
先週のスカスカ状態が交換前と同じに戻りました。

折角の快晴、試し乗りに繰り出します。
操作感は純正の時と変わらずです。
良くも悪くもなっていません。
やはり見た目。塗装が剥げてボロボロだったのが、
別体式で綺麗になったのがうれしい。
それと、純正の時は点検窓から見てもオイル量がわからずフタを開けて確認していたのが、
一目でわかるのも点検しやすくて良いですね。

近所を小一時間乗っただけだけど、バイク楽しい。
4月早々に車検を終わらせてツーリングに行きたいな~

クラッチマスターシリンダー交換

暖かくなってきた訳ではありませんが、作業を進めておかないと4月末に車検があるので
寒さを我慢してクラッチマスターシリンダー交換を始めます。

001交換前です。
右側のブレーキマスターシリンダーはカッコいいけれど、
左側のクラッチマスターシリンダーは塗装が剥げていけてない。

002交換する為にいろいろ外していきます。
時計、ミラー、ラムマウント。

003次は純正のマスターシリンダーを外すべく、
純正のマスターシリンダーのフタを外します。

004次はオイルを抜きます。

005前回の車検の時チェックした時には普通でしたが、
ゼリー状の物体が付着しておりました。

006次はスイッチボックスを外します。

007次はチョークと純正マスターシリンダーを繋ぐネジ。
赤丸の2か所のネジを外します。

008これで純正マスターシリンダーが外せるようになります。

009ミラーのステーは純正を利用して別体式のマスターシリンダーに交換しました。

013スイッチボックス、チョークを元に戻します。

014う~ん。良い感じだ~

015良い感じだけど、ん...

016ミラーが付けられない???

017別体式タンクのステーを取り付けている赤丸のボルトを緩め
ステーを矢印の方向に出来る限り移動させると、

018付きました~

019凄く良い感じになりました。
かっこいい。

020ミラーの付け根に取り付けていたラムマウントは
別体式タンクにあたるので外さないと駄目になってしまった。

021ラムマウントはETCのセンサーとインジケーターを取付けている箇所に移設しました。

後は新しいオイルを入れてエア抜きすれば交換完了。
と順調に作業完了となる予定でしたが、
エアはだいぶ抜けたんだけれど、クラッチはスカスカ。
チョークを留めるネジを強く締めすぎたのか、チョークを動かすとギーギー音がするようになってしまった。
ネットで調べるか。疲れたので続きは後日にしよう。

プロフィール

poorducatista

40手前、2児の父。
なんとかバイクを維持しています。
愛車DucatiのMonster400とか
子供のこととか書いていこうか...

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アクセスカウンター
カテゴリ
リンク
マイジャケット
マイブーツ
マイバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる